お問い合わせ

tel.06-4706-2400(西はおまかせ)相談無料

M&A diary

M&A奮闘記
ヨーコの奮闘記

全ての記事を見る

M&A決定時の大事な仲間に伝える言葉とは? 売り手社長の心境を想像してください

今日は売り手社長様と顧問税理士様との
会議に参加させて頂きました!

今は素人の私が、ドンドン学び、ドンドン発信していくことで
私自身が成長するとともに、皆さんのM&Aへの興味関心が
深まっていくこととなれば嬉しいなぁ~☆
と奮闘中の淀屋橋ヨーコでございます!

今回のテーマは、
お相手様とM&Aを進めるとの、意向確認を行い、
今後待ち受ける企業精査(DD)について
話し合われました。
※企業精査(DD)については、また
 ご説明しますね!

お相手も決定し、話がドンドン進む中で
社長様の心境が伝わってくる場であり、
私も大変緊張いたしました。

現在M&Aの話を知っているのは
社長の奥様と顧問税理士様と
私たちアドバイザーのみです。

M&Aを進めるにあたって
会社資料を集めてくる必要があり、
管理担当の幹部社員の方にも伝えないといけません。

社長一人で集められないので、
協力していただく必要があるのです!

hatena
さて、想像してみてください。
自分は会社の社長です。
今まで何十年と、会社と自分を信じて
ついてきてくれた人達が居ます。
何と伝えますか?

伝え方を間違えると、
確実に、不安感を持たせることになりますよね?

しかし、このM&Aは会社や社員様にとっても
経営が安定しつつ、多くのことを積極的にチャレンジ
することも出来るので、良いことなのです!

顧問税理士の方も、今回伝えられる方の
性格も把握しており、どう伝えるのか、
またどのタイミングで伝えるかをも話し合いました。

今回は、オーナー社長は株式を譲るものの
社長として続投します。

なので、お相手の企業グループと
一緒になることを検討をしてもらう!!と
強調して、お伝えすることにしました。

幹部社員の方々はきっと、
え!どういうこと!?( ゚д゚)✲??
っと顧問税理士様に電話を
かけるだろうと予想もしており、

出来るだけのフォロー体制も確保されました。

社長様にとって通らなくてはいけない大きな壁
であるんだ。と心に強く感じました。

13

 私なら…この答えは簡単には出せるものではありませんね。
 社長様だけで抱えないように一緒に考えていく、
 M&Aアドバイザーにとっても重要な場面なのですね。


今回は、管理社員への伝える場面でしたが、
今後、営業・役員幹部・従業員全員・お取引先
全ての関係者にも伝えていかなければいけません。

しっかり見守って行きたいと思います( ‘∀‘)!


ライタープロフィール
淀屋橋ヨーコ
淀屋橋ヨーコ(入社3年目)

今は素人の私が、ドンドン学び、ドンドン発信していくことで私自身が成長するとともに、皆さんのM&Aへの興味関心が深まっていくこととなれば嬉しいなぁ、と奮闘中の淀屋橋ヨーコでございます!