お問い合わせ

tel.06-4706-2400(西はおまかせ)相談無料

M&A diary

M&A奮闘記
ヨーコの奮闘記

全ての記事を見る

『M&A』を進めるにあたっての『セカンドオピニオン』の必要性とは

JMA、北浜M&A通信、今年で3年目となりました!
JMAのHPは日々リニューアルし続けていますよ☆

私は、「最良のM&Aアドバイザー」としての
JMAをWEB上でどのようにしたら、皆様に伝えられるのか。
自分の使命であると思い、模索してきました。

社長やJMAの想いをお伝えできているのか、
自分の成果を確認するために、
google検索ランキングなどでも気にして調査しております。
(ここだけの話、seo対策費用に
あまりお金をかけさせてくださらないので…大変です 笑)

しかし、派手なSEO対策をしなくても、
じわじわとランキングが上がって行くと、
とても嬉しくなりますね!
皆様ありがとうございます!

se

定期的にキーワードランキング調査を行ってますが、
なぜか、『セカンドオピニオン』だけが、
以前に比べ、順位が大きく下がっているのです…

私の予想ですが、『セカンドオピニオン』
というキーワードを使ってSEO対策をしている会社が
増えたのだと思います。

初めて見るビジネスモデルの会社が
出現していますね。

以前も奮闘記でお話した事がありますが、
弊社設立の際、お客様へお送りした挨拶状に対して
お問い合わせ等、沢山頂いたのですが、
今依頼している話の進め方に
ついての相談が一番多かったようです。

JMA『セカンドオピニオン』サービスは
特にビジネスとしての考えから
サービスを提供するに至ったのではないのです!

M&Aを検討して相談しているM&Aアドバイザーの
指導、アドバイスに疑問がある時や、なかなか進まない事で
悩んでるお客様が多く、「第2の意見」が必要だったからです。

私がランキング調査を行った際に
google検索ランキング上位に来ていたある会社ですが、
お客様にサービスを提供し、お客様からは手数料は取らない。
結果として、仲介業者から手数料をもらうようなのです。

このビジネスモデル、本当の意味での
『セカンドオピニオン』サービスを提供していると
いえるのでしょうか?

基本的に依頼者にサービスを提供する場合、
依頼者から手数料をもらわないと、
誰のための「第2の意見」なのでしょうか。

JMAの『セカンドオピニオン』
ビジネス目的から生まれたのではないので、
どんな些細なご相談でも
『無料』で門戸を開いております。
お気軽にお問い合わせ頂ければとても嬉しいです。

そして、アドバイスにメリットを感じて頂き、
実際に、お仕事をご依頼頂いた時には、
お客様から手数料を頂く、という流れです。

北浜M&A通信第16回で、
弁護士先生からのご相談を紹介しておりますが、

士業の先生からのM&Aに関するご相談も
いつでもお待ちしておりますよ☆


ライタープロフィール
淀屋橋ヨーコ
淀屋橋ヨーコ(入社3年目)

今は素人の私が、ドンドン学び、ドンドン発信していくことで私自身が成長するとともに、皆さんのM&Aへの興味関心が深まっていくこととなれば嬉しいなぁ、と奮闘中の淀屋橋ヨーコでございます!